HOME
■CM方式で建築する場合の大まかな流れです。
ここでの「CM方式」とは、全工事分離発注の「ピュアCM」です。

先ずはお気軽にメール、お電話でお問合せください。
そこで、あなたの夢のマイホームについて、熱いお話をお聞かせ下さい。
あなたに最適な「CMシステム」をご説明させて頂きます。
輸入住宅、在来木造、重量鉄骨であればデザイン・仕様の選択は無限です。
規格住宅には無い、世界に1軒の注文住宅を安く創る事が可能です。
実例に基づき
原価工事費を御提示致しますので御検討をお願い致します。
ご希望なら、施工現場見学や、ご入居されているお宅訪問など可能です。

ここまでは無料です。進むか止めるかの決断が必要です。
当然ですが、CM方式では建設業者のようにセールス行為は、一切存在致しません。
●CM業務契約から確認通知までの期間 ⇒ 約4.5ヶ月
ファーストコンタクトから、完成までの期間は、通常11ヶ月前後の期間

CM業務範囲をご相談の上、それに添った「CM業務見積書」を御提出致します。
CM申込み金として¥100.000をお願いします。(CM業務費充当)
基本プランはご納得なされるまで作成致します。
基本プランと仕様が決まりましたら、「CM業務委託契約」の締結です。
CM契約時に、CM業務費の30%のお支払をお願い致します。
(残りは、着手時35%と、竣工時に35%でお願いします。)
基本設計と実工事見積の準備に入ります。


設計事務所を決める為に設計、監理などの業務範囲を決め見積を取ります。
設計事務所を決定したら「設計業務委託契約」の締結です。
基本設計、建築確認申請用書類を作成致します。
申請地によっては様々な申請とそれに伴う図面も必要になります。


基本図面と工事仕様書に基づき各専門業者で工事入札を行います。(主に指名入札)
見積金額や施工力を検討して各部の専門施工業者を選択致します。
各施工業者の見積合計が現時点での総工事費です。
親戚、友人等の施工業者も参加できます。


工事工程の協議を行い図面の他に
契約約款、建築協定書、工事範囲区分表、工事仕様書を添付して
各部門の施工業社との「工事請負契約」を締結します。
(瑕疵担保責任等の保証責任約款付)
各工事費の支払い条件もこの時、各社と協議を行います。

現場での追加変更が生じた場合は、工事後に御精算となります。

■確認通知書後、地鎮祭を執り行い、工事工程に基づき進行です。
 ●着工から完成までの期間 ⇒ 約4〜5ヶ月(規模と仕様で異なります)

現場で額に汗する各専門業者は、
建設会社の下請けではありません。
直に、あなたの注文で家を創るのです。


だから笑顔一杯!
だから一生懸命!
工事途中に仕様等の現地打合せを数回行います。
設計事務所の検査を基礎配筋時、上棟時、完成時と行ないます。
全工程の現場監理を設計業務委託契約内容に含むことも可能です。
毎日の現場進行状況は【建て主様専用Webサイト】でご覧いただけます。
  現場稼働中は、殆ど毎日現場へ通い施工状況を確認致します。
  (一般の建設会社や設計事務所では有りえません。)


完成後、役所の竣工検査を受けます。
竣工検査後、各専門施工業者との立会い検査を行います。
ダメ工事等の最終確認を行いダメ工事があれば手直しを行います。


工事中の見学 大手HM等は、現場が休みである日曜日等にお施主様が勝手に建物内に入る事を
禁止している場合が多いです。請負契約の場合は、代金支払まで業者の権利だから、
そうかも知れませんが、折角の休みに家の中に入れずに殆どの方が、
途中の過程を見れません。(
本当は見せたく無い
CMでは、最初から建物はお施主様の物です。何時でも好きなだけ見学できます。
但し戸締りだけキッチリとお願いしています。
極論を言えば、残った材料や工事中のゴミもお施主様の物なのです。
(防犯上、工事中は工事用仮キーです)


★直営工事は最初から自分の家なのに、受け渡しと言うのも変な話ですが・・・
祝竣工お引渡し   皆様、嬉しいけど寂しいと仰られます。
業者別に工事費の追加、減工事の精算を行います。
完成月の関係工事費支払いは、お引渡し後約1ヶ月前後になります。

入居後に弊社が点検を行い、瑕疵等があれば
その施工業者に作業命令を出します。

建築マネジャーの業務は、建て主様の味方として弁護士的な立場にあり、
建て主様の利益を追求し、予定期間内の完成に向かって現場を動かす仕事です。
建築会社から給料を貰っている身内の社員監督業とは異なる。
More Trust
BACK
Copyright (C) 2019 More Trust All Rights Reserved.