HOME








(競争入札実例HM見積: 3000万円)

建物の設計プランと仕様が同じなら、
施工原価(コスト)は、殆ど同額となる筈です。
あとは原価に「利益」がいくら隠れているのか?
大手HMの原価半分は業界の常識です。


リクルート社から取材を受けた結果




予想どうり・・・CM方式の「」を再認識。
今後もCM方式の一般への普及は困難でしょう。

全ての「商品」には、必ず二つの価格があります。

それは【一般消費者への販売価格
と、
【業者間の取引価格
 ネットとグロス 
家も【業者間の取引価格】で建築可能なら,
安く値打ちに建ちますよね。
そんな欧米建築方法のCM方式を、
建築業者は絶対に教えない・・・・なぜ?
それは、本当の【建築工事費の原価】を、
一般消費者に知られたら困るでしょ。


だから建築業者は、【CM建築方式】に
いろいろ難癖付けて否定するのです。

なぜなら【CM建築方式】で】を得るのは、
【施主のあなた】だけだから。

僅か、数パーセントの【CM業務費】では、
建築会社の経営は成り立ちません。
実例として、HMの工事費が半額になる事も。
建替えの解体工事さえも、100万円の差。

そんな【CM建築方式】って、信じられない?




CMなら、建材資材、国産設備機器など、
業者間取引価格」で購入可能。



★★★ CM建築方式の概略 ★★★


このCM方式は、昔から欧米では当たり前の建築方式です。
構造躯体をフルパネル組立可能な「JAS認定工場」をはじめ、
基礎工事・屋根工事・外壁工事・大工工事・内装工事・設備工事など、
専門業者は15社以上になり、全ての専門工事を「分離発注」する形態です。
簡単に言えば生産者(職人)と消費者(施主)の間の中間搾取者を排除。

宣伝看板だけを大きく掲げた日本のHMや大手建築会社は、
下請け任せで、殆ど何もしない事が多いのです。
暴利を上乗せされた「ドンブリ勘定の見積」が適正なのかも解らないままに、
会社名と営業マンを信用して、粗末な家に馬鹿高い金額を払う消費者。
住宅は建築会社が造る訳では無く、専門の職人が造るのですが、
職人スキルも運転に例えると、初心者からF1ドライバーまでいる業界。
電力会社、通信会社、鉄道会社など大手企業では、
すでに「社内CM事業部」が、自社で直営工事を行っています。
だから皆さんも、自分の家は「直営分離発注」で建てましょう。


♪ この続きを解かり易く説明 ♪




ご注意】
設計事務所などが行なう(OS)オープンシステムとは異なります。
なぜなら、CMの場合は設計事務所も選択対象であり。
利害関係の設計関係者が、CMrを兼ねる事はタブーとされている。

More Trust
Copyright (C) 2019 More Trust All Rights Reserved.