夢の実現
10年間の熱い想いがいっぱい詰まった私の夢空間。
A様邸
■建築地桑名市陽だまりの丘内 (サークルKの北側)
■建築延べ床面積:116.18u(35.14坪)

2017年に全面の再塗装工事を行いました。
塗料は、当初のスタッコメーカーと同じケリーモアペイントです。



素敵なお庭は、お施主様施工で進行中です。  2003年9月22日撮影
外壁のスタッコは、USAサクラメント社製スタッコラースト。
原料は大理石の砂で、朝夕の太陽光で色が微妙に美しく変化。勿論エコ製品です。




匠とお施主様共同製作のコンサバトリー

コーヒータイムは、フレンチパティオドアを開き
ダイニングと続く素敵な空間で過ごす。
ここは、ご夫婦のお気に入りの場所。

ダミー暖炉を居間のコーナーに配置
鏡はお施主様の支給品で、壁寸を鏡に合わせました。
大理石ポテチーノとローラの壁紙が絶妙です。
床はオーク19o、ダークブラウンで
モアオリジナルフローリングです。
家具とカラーもバッチリです。


1階はパブリックスペースで、居間・食堂・台所が
ワンルームになっています。ローカは有りません。

階段も居間から上がります
奥に見えるのは洗面所です。
広い2階のホールには、奥様が以前使用されていた
ミシンが置いてあります。左のガラスドアは洗面トイレです。
御夫婦の寝室は豪華なダブルドアです。
ローラのクロスが美しいウォークインクローゼット。
タンスで隠すのが惜しいですね。
エントランスのブラケットは特に奥様の拘りです。
しかし、このコーディネートは凄い。
キッチンはモアオリジナルです。
前面は、タイルではなく、あえてブリックを貼りました。

真鍮水栓はコーラー社製。
あえてシステムバスをやめてタイル式に。
真っ白なタイルはとにかく美し過ぎる。
バスは、人工大理石1400o
花柄のローラクロスが可愛い一階の洗面所です。
床はイタリアンタイル300角で水がはねても大丈夫。
日本に数台のフランス直輸入の化粧台
自然石天板と真鍮水栓金具、鏡共にセット品です。
日本には入荷されていないフランス製です。
本体、足共に陶器製。やはり本場物は綺麗。
2階の洗面トイレアクセサリーはお施主様支給品。
床は標準仕様のイタリアンタイル
ハーフガラスドアにして狭いトイレに開放感を出す。
内側にカーテンを付ければ御洒落になります。
オーニング窓のピンクカーテンが綺麗です。
ここは、1階トイレです。

WINDOW CLOSE  BACK