HOME
 ■建物規模: 輸入住宅フィートモジュール 2×6/2×8工法  申請延床面積 168.5u(51坪)



本屋根ケラバを、棟に向って長く出したデザインです。
基本性能(構造躯体2×6・断熱・気密)と、レッドシダー外壁に拘った住まいです。





1階の右部分で、「ベーカリーショップ」を開業されます。




北玄関と勝手口ポーチは、この時点では未完成です。
輸入ドアは「シンプソン社」製です。




ウエスタン・レッドシダーは乱尺耳付きで技量が必要です。
「ブリックタイル」よりも随分高額になります。



ポーチ柱、全面サイディング、トリム、破風板、軒天は、全て「レッドシダー」です。




此れから2階パティオドアから出入りできる「バルコニー」を造られます。
小さな突起部は、お施主様拘りの「換気システムダクトカバー」




贅沢に無垢ナラ・フローリングを使った「1階の店舗予定スペース」です。
店舗の壁と天井は、「レッドパイン羽目板」を張られます。その他全室が「パイン羽目板」仕様です。

Interior coordination  オーナー様
Building design  hiroyuki ide


ファーストコンタクトは、令和2年2月の「四日市まで出向く」と、熱いメールが・・・
因みに業務期間の受信メール総数358通、送信メール総数475通でした(過去最高)

施主様はプロスキーヤーで、「レジェンド」と称されている御方でした。
北海道ニセコから神奈川へ移住されて、当初より「ハーフビルド」での住宅計画をお持ちでした。
1年間かけて業者さんを懸命に探されていたそうですが、意に合う業者さんは見つからなかったそうです。
今迄なら施工地が遠方なのでお断りするのですが、ニセコでも自宅建築とリフォーム3回など、
施工経験豊かな話をお聞きしましたので、出張可能な協力業者施工区分のみの「マネジメント」となりました。

プランニングデザインと設計関係に1年1ヶ月、弊社関係の施工に凡そ5ヶ月を要しました。
PB下地での竣工検査を令和3年12月に受けて、全室の内装工事は居住されながらのDIYです。
おそらく店舗オープンは、今年の秋位かなと思います。

「レッドシダー外壁全面張り、壁天井全室パイン羽目板」など、私にとって初めての経験でした。
丁度、材料を発注した後に「ウッドショック」が発生しましたが、運良く滑り込みセーフでした。
もう少し遅れていたなら、材料費高騰、在庫切れで現場が止まったかも知れません。

初めて遠方でのCM業務経験をさせて頂き、本当にありがとうございました。
感謝!

工事中を見る

 WINDOW CLOSE 
Copyright (C) 2022 More Trust All Rights Reserved.