HOME
311以降の食品リスクマネジメント

「福島第一原発事故」以降に、私が意図的に避けている食品のご紹介です。
冠婚葬祭時には、仕方なく少しだけ食する事も有りますが、
私が調べて「ヤッパリ危険」と確信した「高リスク食品」をここに挙げました。
「緑茶」は、お茶だけでは無く「茶葉」を使用した「お菓子類」も危険です。
外食の「米」は産地不明だからで、コンビニ、スーパーの「米」も同じです。
菌糸を広範囲に伸ばす「天然キノコ類(松茸等)」は超危険です。
魚貝類は養殖カキ、養殖ノリ、養殖魚など産地に関係無く、
天然魚は全般的に「近海底物」は高いリスクがあります。
特に回転寿司、江戸前は絶対に避けて欲しいです。
成るがままの無政策で、今年3月で丸8年、国内に安全地帯は無い。
ご自身で「リスクマネジメント」する以外、逃げ道は無いのです。
一応、「100ベクレル/kg」までは「国の安全基準値」となっています。
それは311まで「放射性汚染物質」として、黄色ドラム缶で管理していた。
「放射能リテラシー」は、あくまでも自己責任です。




信じられない人は、先ず話を聞いてね。




汚染米を混ぜたりの偽装もあるので原産地は殆ど無関係 (安全地帯無し)
三陸沖の魚は、尾鷲港で水揚げされると「三重県産」となる。
お茶の産地を確認すると、静岡以北は厳しい。




『ラーメン、寿司、焼肉、コンビニ・スーパーの弁当や惣菜』
いろいろ調べた結果ですが、以上が
国内最強の食品です。



「福島産米」は業務用米で消費されています。
外食産業、給食、病院食、弁当、パック米など。
煎餅、団子、あられ等の米菓子も危ないです。
親御さんは愛する「我が子」に食べさせない事。

理解している賢者は、完全に避けているのです。
福島産米は業務用米(NHK・WEBニュース)




太平洋も日本海も既に汚れていて、相模湾と石巻湾はダントツ。
江戸前を好む「歌舞伎役者」さんは癌死が多いですが、
富十郎・芝翫・雀右衛門・団十郎・勘三郎・三津五郎
たまたま偶然と思いますか?

ホワイトフードさんの海産物検査(2016年度上半期)






料理に欠かせない「出汁の材料」が問題なのです。
その材料で煮出した最強スープは、
豚骨ラーメン系のスープ」です。
「ストロンチウム90」は、海水に溶けて海産物を汚染する。
人体内の入ると「骨髄」に集まり濃縮していく核汚染の最強物質です。
「白血病」の激増がそれを物語っている。
ラーメン屋さんの廃業が多いと聞きます。
どうしても食べたかったら、絶対に「スープを残せ



(新聞連載4コマ漫画)
昔は雨に当ると剥げるなど、、一般常識でしたが今は?

関東に住む半分の人は、「ストロンチウムに汚染」

繁盛店を自ら閉店した正直店主のツイート

100ベクレル/Kg = 1キロの食品が、1秒間に100発の放射線を発する。
放射線強度は、核種で異なるが、100ベクレルは国内食品基準内。

腐葉土中に沈降している事が理解できる。木材と同じ結果である。
情報出典先


加工食品の産地と工場を確かめなさい!

生産地や、汚染地からの距離は無関係!

その他危ない物


550cpm = 一分間に550発の放射線を発する。
24時間だと、792.000発にもなる。
全国に流通する硬貨、紙幣は意外と汚れています。

まだまだ信じられない人へ



当地でも,、さまざまな核種が足元にゴロゴロ転がっている。
そして風で舞上り、吸い込む事で呼吸器系を破壊する。
空間のガンマ線量を測っても、殆ど意味は無い。
高性能測定機器は、嘘を吐かない。
0.3μSv/hで警報が出る意味解かりますか?
米軍の「撤退基準値が0.33」だからです。





2018年3月5日は雨天でスイス予報通りに福一から強烈な奴が来た。
一時、0.27を示し過去の空間線量を更新した。
ガンマ線だけの馬鹿測定器は、この日も0.05〜0.06止まり

わずかセシウム1ベクレルの原子は?
13億6500万個である。




そして2019年、丸8年が過ぎ9年目に入る・・・これからです。
チェルノブイリ事故で被爆した北ウクライナ住民の
恐ろしい「疾患データ」がそれを物語っている。
世界で日本人だけが放射能に強いわけないのです。

そして、もっとも恐ろしい放射性物質は、
(リンク)







主な被爆症状はこれだ!

酷く激しい(腹痛、吐気、下痢、物忘れ、疲れ、眩暈)、
脳梗塞、心筋梗塞
口中血豆、爪や歯の割れ、
不整脈、眼疾患、糖尿病、白血病、甲状腺疾患・・・・癌


「クリック」で確認! リンク先で、左上のアイコンで操作可能
国道や幹線道路沿いは超危険地帯である。


全国の厳しい現実ツイート





昨年夏位からの「ツイッタ―」の内容は、厳しい感じが・・・
年明けの内容は「
いよいよ始まった!」と確信。

いかん!いかん!いよいよ始まったぞ!

開業医の危機感

長年、東京で開業医をしてみえた医師が、311後に岡山へ移住して
開院され、その院長先生の重要なお話ですので熟読して欲しい。


三田医院  三田 茂院長のお話
東京から岡山へ移住した一開業医の危機感

体内の放射性物質の排出は困難



味噌等の発酵食品や、各種のサプリメント等で体内の放射能を
体外に排出除去出来る様に説明して食品やサプリメントを
高値で販売している者がいるようです。
味噌などは、ある程度は期待できるかもしれませんが、
サプリ等には騙されない様にと言うお話です。

情報元



魚類を止めてから、「DHAやEPA」といった「オメガ3脂肪酸」が、
不足するので、植物油から摂取する事になります。
そこで、私が使用している食用オイルは、
全てオーガニックの「ココナッツオイル、アマニオイル、
ヘンプシードオイル」長い事使って来たオリーブオイルは、
今では殆ど使わなくなりました。
この中で加熱できるのはココナッツオイルだけです。 
問題は冬季の固化です。




国内で購入するより、「アイハーブ」などの海外から購入した方が
とても値打ちです。
しかし、ヘンプシードオイルだけは、海外からの購入は難しいです。
国内では購入できるのに、「アイハーブ」では購入不可です。
だから、ヘンプシードオイルは「アマゾン」で購入して下さい。
使用には適量でないと、何らかのリスクを伴いますので、
全て自己責任でお願いします。


ココナッツオイルのリスク

自然放射線と人工放射線の違い

国内の放射線専門家や、その関係の偉い先生方は、
「自然」も「人工」も同じだと仰るのです・・・・311以降は(爆)
でも、海外の専門家や博士は、「それは違う」と・・・・
事実は如何なんだと探し求めて、やっと探しだした解かりやすいサイトがある。
以下のリンクサイトで勉強すると、誰でも真実を知る事が出来ます。



GOクリック!
いろいろなガイガーカウンター
線量計は殆どが軍用品ですね。

WINDOW CLOSE   UP
More Trust
Copyright (C) 2019 More Trust All Rights Reserved.