HOME
竜巻、大型台風、巨大地震、大津波、太陽熱波など、
此れから益々起きるであろう自然大災害に、
対応可能な家を本気で考えた時、

私は、これまでの既成概念での家創りでは、
対応できないと感じ、新しい家創りを始める。

皆さんご存知の、映画「ホビット族の家」です。
小高い丘を利用して、自然を生かした「究極のエコハウス」
外壁と屋根のメンテナンスは、おそらく草刈ぐらいではないでしょうか。
地熱があるので、冬は暖かく夏は涼しいのです。
大型台風や大地震にもビクともしない、大自然災害に対応した住まい。
そんな究極エコハウスのご提案です。

躯体を木造組にすることも可能ですが、土圧荷重や耐震性を考慮すると、
「コンクリート成型品」を使うのが最良と感じます。
土と接する部分を完全な防水工事を施し、コンクリート住宅と同じで、
自由な内装仕様で施工可能です。
市街地でも、GOOD!
太陽光はトップライトから・・・・公共の建物?

構造躯体に「ボックスカルバート」を利用して造る建物は、
耐震、耐風、耐候、断熱、防火、保温、防音遮音など、最強性能です。
その躯体とする「コンクリート成型品」ですが、
多数のメーカーが、自社規格で寸法、厚さ、荷重を決め、
使用場所と条件に合わせて、設計製作を行っています。

これらを利用して、頑強な住まいを造るのはアイデア次第です。
標高も有り、水はけの良い緩い南傾斜地の土地を探して・・・
そんな高低差のある傾斜土地の価格は、「とても安いのだ!」
本来の使用目的は、トンネルや橋などですから、とても頑丈です。
しかし、住宅に利用の場合は構造計算等が必要になります。
国内でも施工実例が有りますが、 以下は海外からです。
大自然に溶け込んで一体となる。 まるで、秘密基地。
屋根が芝や草花というだけでも楽しい。
小さな平屋なら、並べて置くだけって感じですね。
平地直置きだと、床面が低いのでベース基礎は必要。
巷で流行っているモダン風とは大いに異なる本物感。
美しいオフィス? 素晴らしいグッドデザイン!
ヒューム管の利用実例、上の写真は航空機内の感じです。
これはサッシ取付け後は、DIYでも激安で出来そうです。
家の床下に・・・・・地下室、シェルター、食品庫など、
アイデア次第で面白い空間が創造できますよ。
アメリカなど海外では、「地下シェルター」が多いです。
放射能除去装置なども備えているので、原発事故にも対応できます。
ハープパイプを4個繋ぐとこの様な感じになります。
パイプを半分だけ埋めて、地下部分は収納とかね。
独身の方なら、こんな住まいも一考では?
海外の建築実例@   A   

 CLOSE    随時更新
Copyright (C) 2019 More Trust All Rights Reserved.